やさしい胃ろうの食生活

やさしい胃ろうのススメ

胃ろうの交換動画

胃ろうのある生活

胃ろうの食卓

シンプル&リッチケア

ご意見を聞かせて下さい

カテーテルの交換について理解しておきましょう

胃ろうカテーテルはどのくらいの期間で交換する?

胃ろうカテーテルは食後に洗浄を行わないでいると、交換後2~3週間くらいから汚れが次第に付着してきます。適切に管理をしていても6週間あたりから汚れが目立ってきます(個人差があります)。

バルーンタイプとバンパータイプの使用期間
 

バンパー型とバルーン型カテーテルの比較
バンパー型 使用期間:6か月
バルーン型 使用期間:1か月

カテーテルは主に高品質な医療用のシリコーンで作られていますが、やはり劣化は避けられません。そのため、一定の使用期間を迎えるとカテーテルの交換が必要になります。バンパー型では通常4~6か月間使用可能ですが、バルーン型はバンパー型よりも短い期間(1か月)での交換が必要です。

ちなみに、胃ろうカテーテルは日本の保険制度によって、価格が決められているため、どのメーカーの製品であっても医療費は同じです。

使用期間か、交換時の痛みか カテーテルの交換

バンパー型カテーテルには、2種類の外し方があります。口から挿入した内視鏡(胃カメラ)を使って外す方法と、お腹の外から強く引っ張って一気に外す方法があります。固定され、抜けないようになっているものを外すため、取り外す際には大きな痛みが伴います。

バルーン型カテーテルはバルーン内の水を抜いてしまえば、引っかかりがなくなり、比較的スムーズに抜くことができ、バンパー型に比べて少ない痛みで取り外しができます。

新しいカテーテルを装着する際も外した時と同じような苦痛を伴います。バンパー型は抜けないように、強く押し込む際に痛みが走ります。バルーン型はカテーテル装着してから、胃の中でバルーンを膨らまして抜けないようにするため、少ない痛みで済みます。

バルーン型カテーテル 痛みを和らげるバルーンの仕組み

スムーズな交換が可能なバルーン型カテーテルであっても、いくらかの苦痛(疼痛)が生じることがあります。それは写真①のように、カテーテル先端にしぼんだバルーンが被さり、そのシワが抜くときに体に引っかかってしまう場合です。また、挿入時においてもカテーテルの先端部の角が引っかかる場合も痛みの原因になります。

さらに痛みの少ないファイコンGB胃瘻バルーン
 
写真①   写真②
縮んだときに皺になって
しまい抵抗が生れる
  縮んだときに縦にヒダが
できやすく、抵抗が減る

なお、「ファイコン®GB胃瘻バルーン」は写真②のように、先端部がペンシル形状になっているのでスムーズに挿入が出来ます。また、バルーンが縦ヒダになって傘のように折りたたまれるので、無痛的に抜くことが出来ます。しかも、挿入後はカテーテルの先端がバルーンの中に入ってしまうので、先端部で胃の粘膜を傷つける心配もありません。

まとめ